介護保険住宅改修施工事例紹介【奥州市水沢区K様宅】

介護保険補助を利用した住宅改修の施工事例をご紹介いたします。
今回施工させて頂いた奥州市水沢区在住K様は要支援2の方で脳梗塞の後遺症のため若干片麻痺があり、歩く際に姿勢が不安定になることがあるということで以下のような住宅改修を行いました。

<廊下へ横手すり設置>

【改修前】廊下

【改修前】廊下



【改修後】廊下横手すり

【改修後】廊下横手すり



 

 

 

 

 

 

 

ふらついた場合にどこにもつかまる所がないため転倒の危険が高かったので横手すりを取り付けました。袖口が手すりの先端に引っ掛からないタイプの金具を使用しました。

<サンルームへ縁台と手すり設置>

【改修前】サンルーム

【改修前】サンルーム



【改修後】サンルーム縁台・手すり

【改修後】サンルーム縁台と手すり



 

 

 

 

 

 

 

今までは洗濯物を干したり取り込んだりするためにその都度段差をサッシの縁につかまりながら昇り降りしており、転倒の危険も大きかったです。
そこで縁台を設置することによって段差をなくし、手すりを取り付けることによって姿勢が安定することにより転倒の危険性が少なくなり、安心して洗濯物を干したり取り込んだりできるようになりました。ちなみに縁台は固定してありますので不意に台が動いて転んでしまう心配もありません。

今回の施工では特にサンルームへの縁台と手すり設置がご利用者やご家族の方に喜んで頂けました。

住宅改修のご相談、お見積りのご依頼はお気軽にお問い合わせください。

(株)正和 シルバーサポート水沢店 0197-47-3208 担当:佐々木・渡辺まで