介護保険住宅改修事例紹介③【奥州市水沢区O様宅】

今回の介護保険住宅改修事例紹介は「スロープの設置」になります。

奥州市水沢区在住のO様は体調を崩され入院し、その後退院されましたが下肢筋力の低下などで歩行が困難となり車移動は車いすをご利用されることになりました。そのため車いすで玄関を出入りできるようにスロープを設置しました。

【改修前】玄関階段

【改修前】玄関階段



【改修後】スロープ設置

【改修後】スロープ設置



 

 

 

 

 

 

 

玄関前が敷地内道路となっており、車が通ることができるようにスロープを乗り越えられるような構造としました。
ただし介護保険住宅改修の補助が出るのは車いすが通る幅(約1m)となっており、今回の事例でいうとスロープ横の左右の傾斜部分については補助対象外となります。

今回のように敷地などの制約がある中で介護するために必要な住宅改修とご家族が生活する際の支障が出ないようにすること両方を考慮でき、O様やご家族の方にもご満足して頂きました。

 

住宅改修のご相談、お見積りのご依頼はお気軽にお問い合わせください。

(株)正和 シルバーサポート水沢店 0197-47-3208 担当:佐々木・渡辺まで