介護保険で住宅改修①【基本編】

今まで介護保険住宅改修の施工事例を何件かご紹介してきましたが、そもそも「介護保険が適用される住宅改修」とは何なのか、どういった内容が対象になるのか分からない方のために数回に分けて詳しくご紹介していきたいと思います。

第1回目の今回は「介護保険が適用される住宅改修」についての概要についてご紹介いたします。
<支給対象となる方>
要介護認定を受けている方となりますので、要介護・要支援の違いは関係なく支給対象になります。まだ介護認定を受けられていない方はお住まいの市町村への事前申請が必要となります。

<補助金額>
20万円が上限となります。そのうち自己負担は1割(※一部2割)となります。つまり1割負担対象の方の上限は補助分18万円自己負担2万円、2割負担対象の方は補助分16万円自己負担4万円となります。
※一定の所得があり市町村から介護サービス自己負担2割と認定された方

<支給回数>
支給上限20万円までは何回でも利用可能ですが、オーバーした分の金額は全額自己負担となります。また、各個人生涯20万円が上限ですが介護度が3段階上がったときや転居した場合は再度20万円まで利用可能となります。

<住宅改修の種類>
●手すりの取り付け:廊下、トイレ、浴室、玄関等に転倒予防や移動、移乗動作の助けになることを目的に設置
●段差の解消:敷居を低くする工事、スロープを設置する工事、浴室の床のかさ上げなど
●滑りの防止、移動の円滑化などのための床材の変更:居室を畳からフローリングへ変更、浴室の床材を滑りにくいものへの変更など
●引き戸などへのドアの取り替え:開き戸を引き戸・折り戸・アコーディオンカーテン等に新設・取り替える、ドアノブの変更、戸車の設置など
●洋式便器等への便器の取り替え:和式便器を洋式便器に取り替える
●その他これらの工事に付随して必要な工事:スロープの車いす脱輪防止ための立ち上がり部分等

以上が住宅改修の概要になります。次回は補助申請の流れについてご紹介いたします。

 

【住宅改修のご相談、お見積りに関するお問い合わせは・・・】
奥州市水沢区 福祉用具・住宅改修の株式会社正和
シルバーサポート水沢店 0197-47-3208 担当:佐々木まで