voice

自費(介護保険適用外)ベッドレンタルご利用事例

75歳、男性、左麻痺、介護認定未申請(依頼時)
脳梗塞のため入院し治療していたが、状態が良くなってきたということで病院から2,3日中に退院して下さいと言われた。しかし、自宅にはベッドがなかったので早急に介護ベッドを準備する必要があった。また、介護認定も未申請だっためすぐに介護保険からの補助は受けることができない状況。
arow check bed
ご依頼を頂き、退院予定日までに自宅へ介護ベッドを納品し、ご家族の方の心配を解消させて頂きました。また、これから介護認定を申請されるとのことで介護度が決定するまでの約1ヶ月間は料金無料サービスのため、金銭的な心配も軽減させて頂きました。



voice_ai
急な依頼に対応して頂き助かりました。さらに介護度が決定するまでは無料で貸してもらえるので、入院費でかなり出費があったので少しでも負担が軽くなってよかったです。



住宅改修施工事例

72歳、男性、要介護1
自宅で転倒し大腿骨骨折で長期入院。退院時は脚の筋力が低下しており、歩行が不安定で転倒の危険性があった。通院などでよく外出するが玄関前の外階にはつかまるところがないため転びそうになるので介助する奥様にも負担が大きかった。
arow check voice_2
外階段へ屋外用手すりを設置し自分でつかまって階段を昇り降りできるようになったので転倒の危険性も減り、
介助する際の奥様の負担も軽減することができました。




voice_ai
階段を昇り降りする時には転ばないように主人の体を支えないといけなかったので体重を掛けられるとこちらも転びそうになることがありましたが、手すりがあると手を添えるだけで大丈夫なのでとても安心です。




メール報告サービスご利用事例

80歳、女性、要支援1、当社レンタル利用
ご主人は5年前に亡くなられて2人いる娘さんは県外へ嫁いでいるため、現在ご利用者様はひとり暮らし。離れて暮らしている娘さん方はご利用者様と電話では頻繁に連絡は取っているが、1年に数えるくらいしか帰省できないため、普段の生活の様子がよく分からないので心配している。
arow check
レンタル用具の点検時にご利用者様の様子を写真添付メールで定期的に報告することで普段の元気な様子を見ることができ、娘さんにも安心して頂いております。


voice_ai
母へはよく電話はしますが表情が分からないので、定期的に写真付でメールを送ってもらうとその時の表情を見ると元気で過ごしていることが分かるので安心できます。



暮らしのお手伝いサービスご利用事例

83歳、女性、要支援2、ひとり暮らし、当社レンタル利用
加齢に伴ない足腰の筋力が弱くなって、台に上がろうとすると転びそうになるため部屋やトイレの電球が切れても交換することができなくなってしまった。
週2回、ヘルパーさんが来てくれるが、洗濯や掃除を優先してやってもらうため、なかなかお願いできない。
arow check
定期点検で訪問した際にレンタル利用者の特典として無料にて電球を交換して、ほかに切れそうなところがないかも点検を実施させて頂き、ヘルパーさんには限られた時間の中で予定通りの内容を行って頂きました。


voice_ai
家族がいればいろいろと頼むこともできるが、ヘルパーさんにはやってもらうことが決まっているのでなかなか頼めないが、正和さんではレンタル品の点検で来てくれた時にちょっとしたことは気軽にお願いできるので助かっている。