「健康寿命」日本が男女とも世界一!

9月10日発行のシルバー産業新聞にこんな記事がありましたので内容をご紹介致します。

「米国ワシントン大学などの国際チームが発表した調査結果によると2013年の日本の健康寿命は男性71.11歳、女性75.56歳で男女とも世界トップだった」とのことです。

では、この「健康寿命」とはどういったものかというと、日常生活を介護を必要としないで自立した生活ができる生存期間のことを言うそうです。13年の日本の男性の平均寿命は80.61歳なので、日常生活で介護が必要な期間の平均は9.1年、女性は平均寿命が86.61歳で介護が必要な期間の平均は11.05年となります。
このことから平均して9~11年という長い期間介護が必要になることがわかりますね。

ちなみに健康寿命のTOP5は以下の通りです。

    【男性】
  1. 日本     71.11歳
  2. シンガポール 70.75歳
  3. アンドラ   69.92歳
  4. アイスランド 69.72歳
  5. イスラエル  69.46歳
 
    【女性】
  1. 日本     75.56歳
  2. アンドラ   73.39歳
  3. シンガポール 73.35歳
  4. フランス   72.32歳
  5. キプロス   72.22歳